知りたい!メール配信システムのコストは?いくらかかるの?

メール配信システムを利用しよう

一度に大量のメールを自動配信することができ、効率的なマーケティングを可能とするメール配信。メール配信を有効的に活用すれば、送信ミスや送信忘れを防ぐことができるだけでなく、手動で送る必要がないため、人件費削減にも繋がります。マーケティングの効果を高めるメール配信システムの導入を検討している人も多いですが、そんな時に気になるのがコストです。無駄を出さず効果的な宣伝をするためには、費用対効果を考えて正しい選択をしなければなりません。メール配信システムを使う場合にも、コストがいくらかかるのかしっかりと把握する必要があるでしょう。メールを自動で配信したい場合は、メール配信システムを利用します。このメール配信システムは種類が色々あり、どれを選択するかによってかかるコストも変わっていくでしょう。

メール配信システムのコストについて

メール配信システムは無料と有料のサービスがあります。無料のものは当然ながらコストがかかりません。しかし、月に送信できる配信数に制限があったり、機能の充実度が低かったりという問題もあります。有料版には、クラウド型とオンプレミス型があります。有料版は大量にメールが送れるだけでなく、セキュリティーもしっかりしているので、安心して活用することができるでしょう。 クラウド型とオンプレミス型は初期費用に大きな違いがあり、クラウド型はシンプルなサービスであれば初期費用が無料のものもありますが、オンプレミス型はライセンス料として150~500万円必要になることもあります。そして、月額利用料ですが、クラウド型の場合だと、2000円~1万5000円、オンプレミス型で2000円~5000円となっています。メール配信システムを利用する時は、どのような機能が必要なのか考えながら、どのサービスを利用するか検討してみましょう。